旅日
旅日侨网

烤鸭、历史、书法、传统文化……这些日本孩子访华的兴趣是这样的

  • 2020-01-16 10:58:34
  • 来源:旅日侨网

2019年12月22日,首届中日青少年书画友好交流大赛圆满结束。

作为大赛的一环,有13名获得优秀成绩的日本青少年选手在2019年12月20日至22日,对北京进行了为期3天的访问。这些访华青少年都是第一次来中国,他们都把这次旅行看作是一次重要的、了解不同文化的友好之旅。现在,我们把他们的访华感想推送给大家。

1月13日至19日,本次大赛的部分作品在日本展览,欢迎大家关注。

参赛作品 小池结小学3年级

同学年の女の子が日本語で 北京で、私と同じ三年生の女の子に本をもらいました。女の子の名前は于菓(うか)さんです。本を開くと「日本の子供に送る。青島へようこそ」と日本語でメッセージが書かれていました。本は中国語で、海洋生物の図鑑のようです。 于菓さんは一年前から日本語の勉強を始めて、日本語がとても上手でした。私は中国語がわからないので、日本語で話しかけてくれて安心してうれしくて笑顔になりました。中国語は発音が難しいけど文字は日本で使う漢字に似ていると思います。私は一月に日本で行われる交流会で中国のお友達に中国語で話しかけられるように勉強したいと思いました。 私は硬筆と毛筆が大好きで、勉強は少し苦手です。だけどこれからは勉強も頑張りたいです。中国のお友達は絵も毛筆も上手で、日本語も英語も勉強していてすごいなあと思いました。

同年级的女孩会说日语 在北京,和我同为三年级的女孩于菓送给我一本书,上面用日语写着“送给日本小朋友,欢迎来青岛”。书是中文书,内容类似海洋生物图鉴。 于菓是从1年前开始学习日语的,她的日语非常好。因为我不懂中文,所以她就用日语跟我聊天,跟她交流我很开心,微笑总挂在脸上。中文的发音很难,但是文字和在日本使用的汉字很像。我想学习中文,希望1月在日本举行交流会时,能用中文和中国朋友交流。 我非常喜欢硬笔书法和软笔书法,但不太喜欢学习,可今后我还是想努力学习。我觉得中国朋友的绘画和软笔书法都很好,他们还同时在学习日语和英语,太了不起了。

参赛作品 关口美梦小学5年级

50円、5円玉セット喜ばれた 私は紙をバンバン使用していますが、中国の子は1枚終わったら先生に折ってもらって次の1枚をもらっていきます。大事に使っていると思いました。活字の文章を見て行書や草書を書いていたので、力があるんだなぁと思いました。 3日目の食事会の時に作品をあげました。自分の作品がこんなに喜ばれるのはビックリでしたし、嬉しかったです。ご縁をありがとう。と渡した55円も喜んでもらえました。穴の空いているお金は珍しいので、リボンで結んで用意していきました。 食事もたくさん用意してもらいました。北京ダックやジャージャー麺、本場の味でどれも美味しかったです。日本ではタピオカが流行っていますが、その先をいくような飲み物もありました。これが日本に来たらまた流行りそう。

一套50日元和5日元的硬币很受欢迎 我写字的时候对于纸的使用从来不会有所顾忌,但我发现中国孩子写完一页纸后,会让老师折好,然后再领取下一页纸。我觉得他们很爱惜纸张。因为他们是参考印刷品上的文章,用行书或草书来书写,所以我觉得他们的字很有力量。 第三天吃饭的时候,我上交了自己的作品,没想到我的作品竟然大受欢迎,这让我很惊喜。感谢这次的缘分。他们也欣然接受了我准备的礼物——55日元硬币。现在带孔的钱币已经很少见了,所以我特意用丝带将它们串起来,作为礼物。 主办方还给我们准备了很多好吃的。无论北京烤鸭还是炸酱面,都很正宗美味。最近日本流行珍珠奶茶,但我在中国发现了更好喝的饮料。如果这种饮料将来传到日本应该也会流行的。

颁奖仪式上,中日嘉宾与获奖选手合影

舛菜菜子小学6年级

中国に興味を持った 今回の訪中で、私の意識が大きく変化したことが二つあります。 一つ目は、中国のことをもっと知りたいと思うようになったことです。その第一歩が興味を持つことだと思います。内気な私にとって、今回は積極的な交流まではかないませんでしたが、この三日間で中国の文化や歴史、習慣、言語など、様々なことに興味がわきました。中国の参加者が、日本に興味を持っていることも感じることができました。今後、一歩進んだ交流をするために、とても有意義な経験であったと思います。 二つ目は、書画という文化交流を通じて、他の参加者のレベルの高さに刺激を受け、もっと上手くなりたいと思ったことです。今回、日中の参加者で長絵巻を作るというイベントがありましたが、私は席書は初めてでした。目の前で多くの中国の参加者に見られながら書くのは緊張しましたが、とても良い経験になりました。

对中国感兴趣 这次访问中国,我的认识有了两点变化。 第一,我想要更多地了解中国。第一步是要对中国感兴趣。对于内向的我来说,这次虽然没有积极参与交流,但在这三天时间里,我对中国的文化、历史、习俗、语言等各方面,都产生了浓厚的兴趣。也能感觉到中国的参赛者对日本也很感兴趣。这次访华对于今后的进一步交流而言意义重大。 第二,通过书画这种文化交流形式,我感受到了其他参赛者的高水平,由此希望自己变得更好。这次,有一个活动环节是日中参赛者共同创作长卷,我是第一次即席创作书画。虽然被很多中国参赛者围观,我写的时候很紧张,但这也是一次非常好的体验。

竹内谅初中2年级

北京ダックも書道もうまかった 特に美味しかったのは、北京ダックです。切る前の状態の肉はとても大きくて、驚きました。薄餅に肉やネギを巻くという食べ方は初めて知りました。 中国には伝統的な建物や、有名な建物が多くありました。そのほとんどが巨大なものでした。故宮の宮殿はどれも細かいところまで装飾されているのにとても大きくて、迫力がありました。天安門はバスの中から見たので短い時間しか見られなかったけれど、毛沢東の絵はとても精密に描かれていました。 中国の大会で子供たちが書いていた文字は、とても上手でした。特に7歳の子の字を見たときは、上手すぎて目を疑ってしまうほどでした。本当にレベルが高いと思いました。自分と同じ年齢の人は、僕が書いたことの無いような作品を仕上げていて、圧倒されました。ここでは多くの良い刺激を受けました。

北京烤鸭和书法都很好 北京烤鸭特别好吃。切之前一整只烤鸭竟然那么大,让我很惊讶。我第一次知道在薄饼上卷肉和葱的吃法。 中国有很多传统和知名的建筑,其中大部分都规模宏大。故宫宫殿的装饰精细到每一个角落,整体却又那么雄伟,给人一种震撼的感觉。因为在公交里看天安门,所以只是匆匆一瞥,但是毛泽东的画像非常精细。 在此次书画大赛中,中国孩子的字写得很好。特别是有一个7岁孩子的字,写得真是太好了,简直让我难以置信。我觉得他的水平真的很高。和自己同岁的人,完成了我从未写出过的作品,我输得心服口服,从中也受到了莫大的鼓舞。

参赛选手参加共绘长卷活动

峯田彩世;初中3年级

人はフレンドリーで街はきれい、書道はかなり自由 中国の人達はとてもフレンドリーだと思いました。道具を交換したいと言ってきたり、積極的に話しかけてきてとても接しやすかったです。仲良くできました。歩いてる途中にゴミ拾いをしてる人などを見かけたりして、日本よりも綺麗な国だと思いました。 書道は、筆の持ち方の違いが気になりました。私たちは親指と人差し指以外の指で下を支えていますが、中国の人たちは親指と人差し指と中指で筆をつまむように持っていました。また、中国の人たちは2度書きが多かった印象も持ちました。普段、2度書きはダメと言われているので、中国ではありなのかなという疑問も持ちました。もうひとつは、道具についてです。私たちは墨を溜めておくのはプラスチックのポットですが、中国の人たちが普通のご飯を食べる時などに使うお皿を使っている人がいて、指定のものなどがないのかなと思いました。

人很友好,街道很干净,书法相当自由 我觉得中国人非常友好,他们会借口交换工具,积极地和我搭话,非常好相处。我们很快就成为了朋友。走在路上,经常看到捡垃圾的人,我感觉中国是一个比日本还干净的国家。 我很在意书法握笔方式的不同,我们用大拇指和食指以外的手指,支撑着笔的下部,而中国人则用大拇指、食指和中指握着毛笔。另外,印象中很多中国人都会写两次。而在日本,这通常是不允许的。所以我有个疑问:这是中国特有的习惯吗?另一个是关于工具,我们储存墨汁用的是塑料壶,中国人用的则像是日常吃饭的碟子,难道没有特定的用具吗?

大平知雅;高中2年级;

多様性を(舌で)学んだ 料理は口にあい、とても美味しいと感じたもの、逆に国の差もあり、苦手だなと思うものもあった。中でも美味しかったのはジャージャー麺。本場の味は食べやすかった。中国には中国の味があり、日本には日本の味があり、多様であることを舌で感じた。 一日目に一緒に回ってくれた通訳さんは大学院2年生。日本への留学経験がある。日本語が上手で、将来は通訳になりたい、と言っていた。多様に違う中国と日本をつなぐ仕事に就くのは素晴らしいと思った。そして、彼女が日本に興味を抱いていることをとてもうれしく感じた。 2日目の決勝戦では、ひらがな交じりの俳句を書いて最高の特等賞をいただいた。日本固有のひらがなを評価していただいてうれしかった。初めての外国が、書道を通して行った中国で本当に良かった、と思っている。

从舌尖感知中日多样性 中国菜十分美味,我很喜欢。当然,因为和日本菜味道迥异,难免也有些吃不太惯的地方。其中我最喜欢的是炸酱面,味道正宗,口感爽滑。中国有中国的味道,日本有日本的味道,这是我从舌尖上感知到的中日多样性。 第一天的陪同翻译是一位研二学生,有过日本留学的经历。她日语很好,理想是做一名口译。能够作为中日之间的桥梁,将充满多样性的两国联结起来,我认为这样的工作非常了不起。她对日本很感兴趣,这令我非常开心。 在第二天的决赛中,我用平假名书写了俳句,获得了特等奖这一最高奖项。很高兴大家能够认可我们日本原有的文字——平假名。这是我第一次出国,能够以书法为契机来到中国,真是太棒了。

小选手专注绘画 池田萌华;

高中2年级 共に同じ伝統文化を持つ誇らしさ 私は小1の頃から書道を習っている。同じ書道でも日本と中国では異なる部分が多くあるのに気づいた。しかし、違いがあっても日本と変わらないところもある。それは書道に対しての思いだ。皆大会のために作品を作っているのではなく、字を書いていて楽しいと思うから作品を作っているように見えた。作品を真剣に書いている姿の中に楽しそうな顔をして書いていたのはとても印象に残っている。 中国では若者は昔の文化にあまり興味を示さなくなっている。と故宮のガイドさんが話していた。しかし、中国の子供達は書道において昔の文化に興味を示していないことはなく、しっかり伝承していると思った。この3日間のプログラムに参加して、国は異なっても両国で同じ伝統文化を持っていることはとても誇らしいと思った。

西安で行われる第2回にも参加したい。 为拥有共同的传统文化而自豪 我从小学一年级开始学习书法。我发现,同为书法,中日之间却各有不同。然而不变的是两国人面对书法的态度。大家练习书法并不是为了参加比赛,而是单纯觉得写字是件有趣的事情。参赛者们面带愉悦笑容,专注写字的样子,给我留下了很深的印象。 故宫的导游告诉我们,在中国,年轻人对过去的文化不太感兴趣。但是我发现在书法方面,中国的孩子们并不是这样的。他们很好地传承了过去的传统与文化。3天日程下来,我发现虽然我们来自不同的国家,但却拥有一些共同的传统文化,这是件非常令人自豪的事情。以后,我还想参加在西安举行的第二届中日青少年书画友好交流大赛。

石原飒;高中3年级

憧れの中国で、集中力抜群の小学生を見た 日本史を学ぶと、中国の隋や唐が日本の歴史として度々出てくる。学ぶごとに私は感じる。昔から多くのものを教え、与えてくれた中国への感謝を。そして、その大国の持つ日本への影響力を。 また、中学生の時、李白の漢詩で知った黄鶴楼は私にとって特別な場所となり、憧れであった。つまり、私が日本史、古典や漢文を学び始めた時点で中国に行くということは私にとって特別な意味を持っていた。 2日目の午前中のことだ。私の腰程の大きさの小学生の子だろうか、その子が書いていた姿が印象に残った。後に聞いた話によると、その子は紙が破れようともテープでつけ、墨を撒き散らしても気にすること無く書き続けたと言う。勿論良い意味でその子の目には下敷きの上しか見えていなかったのだろう。私はそれほどの集中力で書いた事は無い。外見的な面は言うまでもないが、私は精神的な事について学ばして頂けた。

在向往已久的中国,遇见了一位无比专注的小学生 学习日本历史时,可以发现中国的隋唐经常被视为日本历史的一部分而出现。随着学习的深入,我认识到了更多。比如对自古以来教授并给予日本良多的中国的感谢,还有大国——中国对日本的巨大影响力。 中学时我从李白的诗中知道了黄鹤楼。从那时起,黄鹤楼就成了一个对我来说既特别而又令人向往的地方。可以说,自我开始学习日本史、古典文学及汉文时,去中国就成为了一件特别有意义的事。 那是来中国第二天上午发生的事。一名个头只到我腰部的小学生,他写字的样子,让我印象深刻。后来听说,那孩子写字时,纸快破了,就贴上胶带继续写,墨汁撒了,也能毫不介意地继续写下去。可以说,他的眼睛只专注于自己的书法。我从没有那么专注地书写过。且不论书写的好坏,这种精神就令我受益良多。

大平丽雅;高中3年级

中国には日本語をよく知っている人が多くいました。食堂に入ったときなど、通訳さんがお店の人とコミュニケーションをとってくれましたが、その中で、いろいろな日本語が使われているのが分かりました。日本でも数年前から流行りだしたばかりのタピオカという言葉が飛び出したときはびっくり。言葉も国境を超える時代です。まずは言葉を通じてコミュニケーションをとることが大事だと思いました。 中国では小さいうちから漢字を書いています。7歳の子が、書道で上、下などの漢字を上手に書いていました。考えれば当たり前のことですが、同時に私は、中国には、ひらがながないということに気づき、なぜか改めて新鮮な気持ちになりました。世界には、もっといろいろな言葉があります。自分の知らない言葉をたくさん学び、互いに仲良くしなくては、と思わせてくれた中国訪問でした。

在中国,会说日语的人很多。比如去餐厅时,翻译和店员在交流中,用了很多日语。当店员口中冒出几年前才在日本流行开来的“珍珠奶茶”这个词时,真是吓了我一跳。这是一个语言超越国境的时代。我觉得,通过语言进行交流是非常重要的。 在中国,人们很小就开始写汉字。7岁的孩子就能把上、下这样的字写得十分出色。其实这是理所当然的,不过我也意识到中国没有平假名,这不禁让我生出一种别样的感受。世界上有很多语言,这次的中国之行让我认识到,学习自己所不了解的语言,能让彼此的关系更加良好。

下一届大赛将在西安举行

西岛波瑠佳;书法学院学生

幼い子の書道技術の高さに驚き 1日目は、中国の方と交互に長巻を描きました。2日目は、決勝戦でした。会場では沢山の中国の子供達と同じ空間で作品を書きました。私が一番印象に残ったのは、書の線質です。日本は美しい繊細な線質のイメージがあるのですが、中国の方が書いている作品を見ると力強く繊細な線質の印象を受けました。その他にも筆の運び方など色々な違いがあるのでとても勉強になりました。中国の幼い子供達が筆を持ち紙に向かう姿勢を見て、日本との伝統文化の違いをまざまざと感じました。幼少期から筆に慣れ親しみがあるのでしょう。あれだけの文字数を幼い子供達が集中力を欠かさず書いている姿は驚く程でした。 中学1年の時に中国を訪問し、日中友好交流をした事があります。その当時は同年代が書いている姿に、どうしたらこのような筆使いができるのだろうと、とても感銘受けた事を覚えています。そして今回は幼い子供達の書道技術の高さにとても驚きました。

惊讶于年幼孩子高超的书法技艺 来中国的第一天,我们和中方参赛者轮流绘制了一幅长卷。而在第二天的决赛现场,我们又和很多中国孩子共同创作了一副作品。两场活动让我印象最深的是书法的线条。相对于日方作品中美丽纤细的线条,中方书法中的线条则显得纤细而有力。除此之外,运笔方式也有很多不同,让我受益匪浅。中国孩子持笔书写的样子,让我真切地感受到中日在传统文化上的差异。可能是从小就与毛笔为伴吧,孩子们专注书写大量文字的样子,令我惊叹。 我曾在初一时访问过中国,参加过中日友好交流活动。记得当时也看到过同龄人写书法的样子,让我很有感触:怎么才能写出这样的毛笔字呢?还有这次孩子们高超的书法技艺,也令我十分惊讶。

摄影:王浩 杨振生

本文转自微信公众号:人民中国

最新热读排行